本会の概要

会長あいさつ

全国養護教諭連絡協議会
会長 小林 幸恵

 令和4年6月18日(土)、全国各研究団体の代表者の皆様のご出席をいただき、ヒューリックカンファレンスにおいて、令和4年度総会を無事終了することができました。各研究会の皆様のご協力とご理解に対し、心より感謝申し上げます。役員10名、事務局2名は3年度に引き続きお世話になります。微力ではありますが、思いをひとつにして本会の運営と活動を担って参りますので、各研究会の皆様には、これまでと同様のご支援とご協力をお願いいたします。

 近年、社会の変化が加速度を増し、複雑で予測困難となってきている中で、子供たちの健康課題はますます複雑化・多様化し、深刻化しています。また、長期化する新型コロナウイルス感染症対策に最前線で関わっている養護教諭の職務は逼迫した状態になっております。このような中、養護教諭には現代的な健康課題の解決に向けた重要な責務、学校保健推進の中核的役割、コーディネーターの役割が求められております。今後さらに養護教諭の専門性を高め、教職員や家庭、地域の専門家等と連携・協働して、学校保健活動の推進と保健室経営の充実を図っていくことが大切であると考えます。

 これからも、日々の子供たちへの関わりを大切に実践を重ね、養護教諭として自信をもって仕事に向き合えるよう資質の向上を図っていきましょう。

 「全国養護教諭連絡協議会」は、全国組織の一番大きな「チーム養護教諭」です。これからも、チーム力を高め、仲間を支えあい、資質能力を高め育てる会にしていきたいと考えております。

 子供たちの心身の健やかな成長を願い、学校保健の充実と推進に努めている研究団体として、養護教諭の将来を見据えた研修・研究活動をより一層推進していきますので、今後とも皆様のご理解とご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。